妊活

検査をしっかりとしておく

子供が出来やすい体作りが大事

妊活に励んでいる人は多いですし、なかなか子供が出来ずに辛い思いをしている夫婦は沢山います。

化学の進歩によって今までよりもずっと妊娠の成功率は高まってきています。昔は子供を諦めなくてはいけなかったケースも化学の進歩によって救われたという人も多いのです。

今はもう18人に1人が体外受精で生まれたという発表もあり、1クラス当たり1人は体外受精で生まれている計算ですね。

子供が出来ずに悩んでいる人は多いのでここでは妊活に関する情報をお伝えしていきます。

まず最初に確かめなくてはいけないのが、お互いに子供が出来づらい体なのかどうかを確認しないといけません。

未だに男性の多くが勘違いをしているのですが、子供が出来ない理由を女性にあると決め付けている人です。

昔からこのイメージが定着してしまっているためどうしても女性に問題がある風潮ですが、男性にも同様に精子に問題があったりします。

女性のほうが若干割合的には高いですが、男性による不妊の原因も大体は半々で問題があると言われているのです。

女性が検査をしろ!とか一方的な決め付けで判断をして話をしてはいけません。

必ず男女共に検査をしてもらうことが一番大切です。

赴任というのは子供が欲しいと願って子作りを計画的に行っているのにも関わらず、1年以上できないことを不妊と定義しています。

とにかくそこで検査をして問題があればさらに医師と相談をして解決できるのか?妊娠できる確率などを聞くことが一番確実だと思います。

男性不妊の多くは精子の数が少なかったり、運動率が悪かったり、勃起不全に陥ってしまったことが原因です。

しかし、今は化学の技術が進歩しており、妊娠の成功率は高くなっています。精子が1匹でもいればそこから妊娠した人もいるようです。

また勃起不全によって、性行為が出来ないという問題も今は勃起不全におけるED治療薬として有名なバイアグラなどがありますから悲観しなくても大丈夫です。

女性の場合も卵管が狭いとか精子が通りづらいなどの問題がありますが、色々な方法が今はあるのでそこまで悲観になることはありません。

ただ、不妊で悩んでいる男女の中にはタイミングが合わないのか分かりませんが、お互いに何も問題が見当たらないのにも関わらずできないというケースもあります。

何か原因があればそれに向かって対処できるのですが、分からないままだとより不安ですし、ストレスも貯まりやすいですよね。

周りがスムーズに子供が出来ている中で何で自分たち夫婦だけがって思ってしまうのは無理はありません。

ストレスもかかりますし、さらに親からは早く孫を見せろと言われることも多いですし、周りから心無い一言を浴びせてくる人もいます。

どんどん人に会うのが億劫になってしまって部屋の中に閉じこもってしまう人も多いですが、それだとより子供が出来づらくなってしまいます。

妊活、特に女性にとってストレスは大敵です。ストレスを感じるな!なんていうのは不可能ですが、なるべくストレス発散できる方法を探していきましょう。

そのためにはまずは自分が出来ることをしていきましょう。

漢方ではこの薬を飲んだから妊娠しやすくなるという薬はありません。

ただし、健康的に体を使えば妊娠しやすくなるという考え方です。体の内側から体質改善をしていくことが大切なんです。

問題があればその問題に対してどう解決をしていくのかを先生と話し合い、問題なければ健康的な生活をしていくことが大切です。

毎日決められた時間に起きて、太陽の光を浴びて、適度な運動をして、バランスの取れた食事をして十分な睡眠を得るということが大切です。

そしてもう1つ、夫婦でしっかりと話し合いをしましょう。

子供というのはどちらか一方で出来るものではありません。特に男性はないがしろにしてしまいがちですのできちんと夫婦2人で支えあうことが大切です。

子供が欲しいと願ってもなかなかできないということはとても辛いことではありますが、夫婦二人三脚で行きましょう。

サイトメニュー

ページのトップへ戻る