精神疾患

多くの人が悩まされている

何をするのにもやる気がなくなってしまう

ストレス社会である現代の日本では、先進国でありながら断トツの自殺者数を誇っています。

先進国としてはありえない数字であり、色々な悩みや葛藤を抱えている人がいます。

今現在、非常に問題となっているのがうつ病をはじめとした精神疾患を抱えている人が多いということです。

会社で朝から晩までサービス残業で働かせているのにも関わらず、給料は一向に上がらずに先行きの見えない不安に体も心も疲弊しきっているのです。

毎日ニュースではくらいニュースばかりが流れていれば今後日本の未来はどうなっていくのかなんて目を背けたくなりますよね。

人間関係も複雑化してきてテクノロジーが進化してきている中で人間だけが追いつけていないように思います。

煩わしい人間関係、先行きの見えない未来と、ハードな仕事が重ねればどんなに体力のある人でも疲れてしまいます。

もはや精神疾患の疑いがある人というのは極少数ではないのです。

社会問題となっており、自分でもいつなるか分かりませんし、家族がいつかかるかも分かりません。

しっかりと考えておかなくてはいけないのです。近年の研究では精神疾患には「脳と腸に関連性がある」ことが判ってきています。

というのも脳と腸には同じような神経細胞が存在していて自律神経でつながっていて頭で考えることが腸に反映され腸の変化は頭に投影されるということです。

例えば大きなストレスや緊張があると胃がキリキリしたり、下痢になったりしませんか?

スポーツの大会前とかナーバスになる人は腸などに反応が出てくるのです。

また、ストレス解消のために暴飲暴食をしようとするのもそういった作用があるからとも言われています。漢方の世界では「気(き)・血(けつ)・水(すい)」のバランスが重要であり、気が大きく乱れていると考えられています。

精神不安や不眠の改善も期待される「半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)」などが用いられたりします。「半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)」には塞がった気分を開くとも言われていて、古来から使われています。

さらに、精神的な不安や緊張が胃腸にも出やすいという人には整腸作用のあるものなども処方されます。

西洋医学においては今は抗うつ剤などがあります。専門の医者の指導の元使用するかどうかが判断されます。

副作用によって眠気、口渇、便秘などがあったりします。

眠気は中枢神経抑制作用によるもので、鎮静、茫乎、注意・集中力低下なども挙げられるので、車の運転は控えなくてはいけません。

病気の重度によっても用法容量が変わってきます。

精神疾患と聞くとまだまだ世間から白い目で見られてしまいがちですが、病気なんです。

薬を飲めばかなり改善されたりします。

だからこそまずは自分の気持ちを落ち着かせるようにしましょう。

また運動なども非常に大事です。

運動によってストレス発散だったり、肉体的疲労による熟睡感も得ることが出来ます。

運動をしていけばリフレッシュ効果も高いので太陽の光を浴びたりしましょう。

もっと大事なのは環境を変えましょう。明らかに今の状況が仕事にあると思ったら仕事を辞めましょう。

簡単に言うなって思うかもしれませんが、命よりも今の仕事が大事でしょうか?そうではないはずです。

また本気で探せばいくらでも仕事はあるわけです。アルバイトでも何でもいいのでまずは一番の原因を取り除くことから始めましょう。

サイトメニュー

ページのトップへ戻る