生理痛

日常に支障をきたすことも

起き上がれない人もいる

女性が赤ちゃんを育てる場所を常に清潔でいようとするために起こる月経なのですが、この月経、つまり生理の痛みに悩んでいる人もいます。

この生理痛に関してはまず男性からはなかなか共感を得てもらえません。

さらに生理痛というのは人によって痛みの個人差がありますので中には生理痛が重くないという人もいるので、同性の人からも心無い一言を言われてしまったなんていう人もいます。

生理痛はどうしても個人差があり、普通に生理がきてもちょっと辛いだけという人やイライラする程度という人もいれば、貧血などでめまいで歩けなかったり、あまりにも辛くて日常の生活に支障が出るばかりや仕事を休まなくてはいけないという人も中にはいます。

あまりの痛さで救急車で運ばれてしまったという人もいるのです。

日常生活に支障をきたすレベルの重い症状を「月経困難症」と言います。

また、たかが生理の痛みと思って放っておいてしまうと子宮筋腫や子宮内膜症などの病気が奥に潜んでいる場合もありますので、気をつけましょう。

いつもと違って痛みが酷かったり、ちょっと様子が違うと思ったら病院で検査をしてもらったほうがいいかもしれません。

生理の痛みというのは様々あります。

子宮の強い収縮、骨盤内のうっ血、自律神経の乱れなどですが、そのなかでも主な原因とされているのが子宮の収縮が過度に起こってしまったり、過敏に起こってしまったときに痛みとなって感じてしまうのです。

特に子宮が未発達で子宮口の通り道が狭い場合や子宮の位置が正常ではない場合は痛みがおきやすいと考えられています。

毎回、決まって生理が重いという人は痛み止めの薬などもありますが手術をするという手段もあります。

とはいえなかなか手術までする気にはなれないという人もいると思いますのでその場合は低用量ピルを服用する方法もあります。

生理痛の原因の1つとしてホルモンバランスが乱れることによって起こるとされていますので、低用量ピルを服用することによってホルモンバランスの乱れを防いで痛みを軽減させるというものです。

昔と違って最新の低用量ピルのヤーズ(超低容量ピル)は、今まで発売されていたピルで確認されていた体重増加やムクミといった女性にとって最も抵抗がある副作用を、極限まで取り除く事が出来た第4世代の新しい超低用量ピルです。

ある程度継続して利用しなくてはいけないという点と妊活中の場合は服用できないというのがありますが、避妊薬としても使えるだけではなくて生理痛の軽減が出来るというメリットもあります。

もちろん低用量ピル以外の鎮痛剤を服用したりと色々な選択肢があると思いますので自分に合ったものを見つけていきましょう。

漢方の世界では今ある生理痛を軽減させるというものではなくて生理痛が酷くさせる原因を治していくことで徐々に生理痛が緩和させていくという考えです。

漢方の考えでは「気(き)・血(けつ)・水(すい)」の3つのバランスによって人は保たれており、どれか1つバランスが乱れることで体に病気や怪我などの支障をきたすとされています。

月経痛や月経困難症は、主に「血」のバランスが乱れている、つまり血液や血液循環の異常で起こると考えています。

血の異常には、血行が滞って血行不良になったり、血液が不足しているわけで血の異常を治し、月経痛を和らげていきます。

病気に対する抵抗力や体力がある人には桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)や桃核承気湯(とうかくじょうきとう)が処方されることが多く、線が細くて色白、病気に対する抵抗力があまり強くないタイプには、当帰薬散(とうきしゃくやくさん)や温経湯(うんけいとう)が使われます。

さらには精神的なストレスやホルモンバランスが崩れているという人は他の生薬が配合されることもあるので、医師と相談して服用するものを決めていく流れになります。

生理痛に関してはバリエーションが豊富にあるので、まずは色々と試してみるのもいいでしょう。

サイトメニュー

ページのトップへ戻る