花粉症

花粉症になる前から対策する

医薬品なども種類が豊富にある

日本中の人が悩んでいて、もはや国民病と呼んでもいいぐらいの多くの人が病気にかかっているのが花粉症です。

花粉症の中には花粉はもちろんのことハウスダスト、ダニなどに対するアレルギー反応によって起こります。

またここ最近では中国からの黄砂だったり、PM2.5が飛来してきたりして、さらに鼻炎に悩む人も増加しています。

花粉シーズンと呼ばれるちょっと前には花粉症対策の薬がCMで流れてくるたびに鼻がむずがゆくなってくる人も多いでしょう。

毎日とめどなく溢れてくる涙だったり、鼻水やくしゃみによって仕事に集中できなかったり、営業や接客業の人は花粉症によって相手に失礼を被る可能性もあります。

うまく眠れなくなって寝不足になってしまってさらに花粉症が悪化してしまうという悪循環に陥ってしまう人もいます。

特に眠れなくなってしまうという人は結構いるので多くの人が花粉症に悩んでいるのです。

花粉症に悩んでいる人は多いですが、1つだけ気をつけなくてはいけないのが花粉症というのは花粉シーズンになる前から対策をしていないとあまり意味が無いということです。

花粉のシーズン前から花粉対策をしておかないと手遅れになってしまいますので花粉シーズンと言われている3月の半ば前ぐらいからは対策をしておきましょう。

そして花粉症対策として一番大切なのが花粉症に当たらないようにすることが大前提です。

例えば花粉症シーズンの時は目が悪くなくても花粉防止めがねをしたり、マスクをして予防したり、さらに今ならば花粉症の薬で鼻水や目がかゆくなるのを防ぐ薬も多く発売されていますよね。

そういったものを事前に服用しておくことが大切です。

また抗ヒスタミン剤や抗アレルギー薬などの薬もありますが、副作用として眠くなりやすいというものがあります。

今はある程度眠気を軽減する薬も発売されていますし、他にはレーザー治療といって鼻の粘膜を焼く方法や減感作療法といってアレルゲンを少量ずつ体に入れてアレルギーを起こしにくくする方法なども広く知られるようになってきます。

西洋医薬品でも色々な方法がありますが、市販で販売されている医薬品でもあまり効果が無いという人は花粉症や鼻炎専門の病院に行って相談をしても良いと思います。

あまり漢方治療は有名ではないかもしれませんが、漢方治療の場合は体質改善をして花粉症になりづらい体作りをしていくというのが基本です。

花粉症の場合は「気(き)・血(けつ)・水(すい)」と呼ばれる3つの体のバランスの中で体内の水分バランスが乱れて異常をきたしていると考えられています。

本来必要な場所に水が無く、特定のある部分にたくさん溜まっている状態(水の偏在と言います)に陥っているのです。

花粉症の時期は鼻水や目から涙はとめどなく流れてきても、意外と口の中は乾いていたり肌が乾燥していたりしますよね。

そういった水の偏りがある状態を漢方薬によって正していくのです。

漢方薬で処方されるのが小青竜湯(しょうせいりゅうとう)です。他には麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)と呼ばれる生薬は手足に冷えがある方のアレルギー性鼻炎に使用されます。

小青竜湯の治療効果については、臨床試験によって鼻水や鼻づまりの高い効果があることが認められています。

漢方薬の場合はすぐに鼻水や涙が止まるというわけではなくて長い時間をかけて治療を行っていきます。

例えば最初は西洋医薬品の花粉症の鼻水やくしゃみや涙を止める薬を服用しつつ花粉症シーズンが通り過ぎたら小青竜湯(しょうせいりゅうとう)やは麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)を配合された漢方薬を専門の医者と相談しつつ服用していくようにして花粉症対策をしていきましょう。

サイトメニュー

ページのトップへ戻る